米国テネシー州政府日本事務所
ホーム テネシーについて 投資環境 トピックス リンク 日本事務所 テネシー州政府日本事務所へのお問合せ
ホーム > 投資環境 > ユーティリティー
投資環境

ロケーション

雇用環境

税と優遇税制

“FastTrack”
プログラム


ユーティリティー

テネシーでの生活
ユーティリティー
このページを印刷する

工場進出で重要な低コストで安定した電力供給が得られます

米国最大の公営ユーティリティー企業
テネシー・バレー・オーソリティ(TVA =Tennessee Valley Authority)の本社はテネシー州ノックスビルにあり、低コストの電力を供給しています。

TVAは1933年ルーズベルト大統領によるニューディール政策の下、洪水対策、電力供給、貧困地区の雇用を創出することを目的とした国家プロジェクトとして設立されました。

・全供給量の約2/3を州に供給
・高い信頼性: 99.999%
・電力料軽減のための各種インセンティブの提供
TVAの発電施設


※画像をクリックすると拡大表示します。
水力発電所…29ケ所   化石燃料発電所…13ケ所   原子力発電所…3ケ所

7本の天然ガスパイプラインが州内を縦横に巡っています。

州南部のチャクヌーガはテネシー州が誇るエネルギー研究施設の本拠地でエネルギー資源の新たな効率利用に力を入れています。



ホーム | テネシーについて | 投資環境 | トピックス | リンク | 日本事務所