米国テネシー州政府日本事務所
ホーム テネシーについて 投資環境 トピックス リンク 日本事務所 テネシー州政府日本事務所へのお問合せ
ホーム > 投資環境 > テネシー州の税と優遇税制
投資環境

ロケーション

雇用環境

税と優遇税制

"FastTrack"
プログラム


ユーティリティー

テネシーでの生活
テネシー州の税金・インセンティブ
このページを印刷する

テネシー州には給与所得や資産への州税がありません。また企業への税制に対する評価も高く、1人あたりの税負担も全米50州中下位に位置しています。テネシー州では新規に進出、又は州内で拡張される企業に向けた様々な税制優遇措置を提供しています。


税金と優遇税制(インセンティブ)

テネシー州で企業に課せられる主な税金(州税)

法人所得税(Excise Tax)
法人事業税(Franchise Tax)
売上・使用税(Sales & Use Tax)

テネシー州税制の特徴

資産税(Property Tax): 州税無し(地方税も優遇税制あり)
給与所得税 (Personal Income Tax): 州税・地方税共に無し
雇用減税 (Jobs Tax Credit): 新規雇用1人につき$4,500の減税(条件あり)

その他優遇税制(インセンティブ)の一例

原材料、工業機械類の購入・設置・修理の売上税非課税
一定額を超える完成品在庫は法人事業税非課税
公害規制設備は法人事業税及び売上税非課税
工業機械類購入額の1%を法人所得税及び法人事業税より控除(15年先まで繰越可)
製造業の燃料費と水道使用料の売上税減税

その他各種優遇策があります。 税・優遇税制の詳細は当事務所までお問い合わせ下さい。

ホーム | テネシーについて | 投資環境 | トピックス | リンク | 日本事務所